個人向け国債TOP > 金利

変動と固定どっちがいいの?

経済情勢に合わせて対応しよう

個人向け国債には変動金利型(10年)と固定金利型(5年)がありますが、いったいどっちを選んだらいいの?という方もいるでしょう。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、経済の状況によってどちらのタイプがよいのか判断して、より多く金利を得られるようにしたいですね!

個人向け国債の金利

個人向け国債の変動金利タイプと固定金利タイプの特徴を比較してみました。

個人向け国債の金利
変動金利タイプ
特徴 半年ごとに実勢金利を反映して適用利率が変わる
メリット 金利上昇局面では、適用金利も上がる傾向
デメリット 金利下落局面では、適用金利も下がる傾向
固定金利タイプ
特徴 発行時の適用利率が満期まで変わらない
メリット 発行時の金利より下がっても、利子は満期まで維持される
デメリット 金利が上昇しても発行時の金利のまま

長期金利の先行きを読むことが大切!

個人向け国債のどちらの金利タイプを選ぶかは、経済情勢の見通しが重要です。
おおまかに言って、景気が良くなると金利も上昇し、反対に景気が悪くなると金利は低下する傾向にあります。

一般的な債券の場合だと、金利が上昇すると債券価格(元本)が下がる傾向があるので、償還・売却時のトータルの利益に注意する必要があります。

しかし、個人向け国債の場合は元本の価格は変動しないので、単純に金利が今後上がるか下がるかを読めばいいということになります。

金利が上昇すると思うなら⇒変動型が有利
金利が下落すると思うなら⇒固定型が有利

近年は不況による低金利で、これ以上さらに下がることはなかなか考えにくいので、今後は景気回復にしたがって金利も上昇していくだろう、と考える人も多いと思います。そのため変動金利型を選ぶ人が多いようです。

一方、固定型は高金利のときに選択するのが得策といわれています。一定した利子が受け取れるため5年後の投資結果(キャッシュフロー)を知ることができ、資産運用の計画が立てやすい、といった利点もあります。

個人向け国債の利回りに注目

個人向け国債は、インターネットで口座開設&購入ができる金融機関はまだ限られています。以下の証券会社ならネットで申込みが可能です。個人向け国債の購入期間は3〜4週間と短いので、個人向け国債の購入チャンスを逃さないためにも、あらかじめ口座開設しておくことをオススメします。

SBISBI証券
ネット証券で口座開設者数No.1!個人向け国債から、普通社債、転換社債型新株予約権付社債、円建外債まで幅広く取扱っています。

楽天楽天証券
業界屈指の格安手数料と金融商品ラインナップ数で人気!1,000円から始められる投信ミニ積立も好評。取引で楽天ポイントも貯まる!

マネックスマネックス証券
初心者でも安心して始められると人気!個人向け国債のほかにも、マネックス債や日経平均リンク債など豊富なラインナップがあります。

エイチエスエイチ・エス証券
国内で発行する円建債券だけでなく、 海外の政府や企業・国際機関などが発行する外貨建債券も取引できます。