個人向け国債TOP > リスク

損をしないようにしっかり理解しておこう

安全性が極めて高い金融商品

個人向け国債は、日本国政府が元本と利子の支払いを責任をもって行うため、国が破綻しない限りは大丈夫なので、損失が生じる可能性は低リスクの金融商品です。

それでも、購入・解約の仕方によっては以下のようなリスクも考えられます。

個人向け国債のリスク1:金利変動リスク

個人向け国債には変動10年ものと固定5年ものがありますが、どちらを選ぶかは「今後の金利動向=金利変動リスク」に応じて判断する必要があります。

個人向け国債の金利に関する詳細はこちら

長期金利の上昇局面⇒[変動10年]が有利
長期金利の下降局面⇒[固定5年]が有利

金利の上昇局面で[固定5年]を選んでしまうと、実際の金利は上がっていくのに、受け取れる利子は低いまま、ということになります。

逆に、金利下降局面で[変動10年]を選んでしまうと、実際の金利が下がるにつれて、受け取れる利子も少なくなってしまいます。

つまり購入時に選択を誤ると、もう1つのほうを選んでおけばもらえるはずだった利子を受け取れない「機会損失リスク」を被る可能性があるということです。

個人向け国債のリスク2:中途換金リスク

個人向け国債は満期を迎える前に解約すると、「中途換金調整額」というペナルティがかかります。これも考慮しておくべきリスクです。

個人向け国債の中途換金(解約)の詳細はこちら

「中途換金調整額」
[変動10年]の場合 ⇒ 2回分の利子(税引後)
[固定5年]の場合 ⇒ 4回分の利子(税引後)

が差し引かれてしまいます。基本的に元本割れにはなりませんが、受け取る額が減ってしまうリスクです。

ちなみに[変動10年]は1年間、[固定5年]は2年間は(特例を除き)解約ができません。特例(※)で、この期間前に解約した場合は元本割れになってしまいます。
※保有者が亡くなった場合、又は大規模な自然災害により被害を受けた場合

個人向け国債はリスクの低い投資です。

個人向け国債は、インターネットで口座開設&購入ができる金融機関はまだ限られています。以下の証券会社ならネットで申込みが可能です。個人向け国債の購入期間は3〜4週間と短いので、個人向け国債の購入チャンスを逃さないためにも、あらかじめ口座開設しておくことをオススメします。

SBISBI証券
ネット証券で口座開設者数No.1!個人向け国債から、普通社債、転換社債型新株予約権付社債、円建外債まで幅広く取扱っています。

楽天楽天証券
業界屈指の格安手数料と金融商品ラインナップ数で人気!1,000円から始められる投信ミニ積立も好評。取引で楽天ポイントも貯まる!

マネックスマネックス証券
初心者でも安心して始められると人気!個人向け国債のほかにも、マネックス債や日経平均リンク債など豊富なラインナップがあります。

エイチエスエイチ・エス証券
国内で発行する円建債券だけでなく、 海外の政府や企業・国際機関などが発行する外貨建債券も取引できます。