個人向け国債TOP > 新窓販国債

毎月発行だから買いやすい

新窓販国債とは

新窓販国債とは、正式名称は「新型窓口販売方式国債」といい、個人向け国債以外で個人が購入できる国債です。満期が2・5・10年と3種類あり、固定金利タイプとなっています。

新窓販国債は毎月発行されるので、年に4回しか発行されない個人向け国債に比べて、短期で運用したい方や毎月積立てとして定期的に購入したいといったニーズにも応えています。また、購入できるのは個人だけでなく法人やマンションの管理組合などでも買うことができます。

新窓販国債の利率は?

例として、平成25年1月に発行された新窓販国債の利率は以下のとおり。

  2年 5年 10年
表面利率
(税引前)
年0.1% 年0.2% 年0.8%
応募者利回り
(税引前)
年0.058% 年0.096% 年0.779%

新窓販国債の概要

満期 2年・5年・10年
金利タイプ 固定金利
金利水準 発行ごとに市場実勢に基づき財務省で決定
利払い 半年ごとに年2回
購入単位 最低5万円から5万円単位
購入限度額 1申込みあたり1億円
販売価格 発行ごとに財務省で決定
発行頻度 毎月(年12回)
流動性 市場でいつでも売却可能(売却益/損が発生)
中途換金 国の買い取りによる中途換金はなし

新窓販国債と個人向け復興国債との違いは、

・固定金利で2年・10年ものがあること
・満期が来る前でも市場を通じて売却できる(個人向け国債については中途換金を参照)
・購入単位が5万円であること(個人向け国債は1万円単位で購入可能)

が主なポイントです。

新窓販国債の安全性は?
発行元が日本政府であり、元本や利子の支払いは日本政府が責任を持って行います。また、ペーパーレスのため偽造・盗難・紛失の恐れがなく、安全性が高い金融商品です。

収益性は?
市場金利の動向により、元本の時価が変動するため、売却時に損益が発生します。
(固定金利タイプなので受け取る利子の金額は変わりません。)

新窓販国債の申込みはこちらから

新窓販国債は、インターネットで口座開設&購入ができる金融機関では以下の証券会社がネットで申込みが可能です。購入チャンスを逃さないためにも、あらかじめ口座開設しておくことをオススメします。

SBISBI証券
ネット証券で口座開設者数No.1!個人向け国債から、普通社債、転換社債型新株予約権付社債、円建外債まで幅広く取扱っています。

楽天楽天証券
業界屈指の格安手数料と金融商品ラインナップ数で人気!1,000円から始められる投信ミニ積立も好評。取引で楽天ポイントも貯まる!

マネックスマネックス証券
初心者でも安心して始められると人気!個人向け国債のほかにも、マネックス債や日経平均リンク債など豊富なラインナップがあります。

エイチエスエイチ・エス証券
国内で発行する円建債券だけでなく、 海外の政府や企業・国際機関などが発行する外貨建債券も取引できます。